ヒューアンドのオリジナルカラー

Noble Pink が​できるまで

少しでも安心してつけていただきたい。

その想いから、素材選びは始まりました。

商品で使用している貴金属は、アレルギーの配慮を第一に考え

その要因とされているニッケルは使わない、シルバー素材にしました。

そして、組紐とのバランス、人肌とのバランスを考えながら

ピンクのコーティングをする、という方法が生まれました。

それは同時に、シルバーの硫化を防ぎ

独自の経年変化もより長く楽しめるように

という配慮もありました。

​​この独特なピンク色を

『Noble Pink ノーブルピンク』と名付けました。

見た目にも、身体にも

作り手の「優しさ」を込めています。

ヒューアンドのオリジナルカラー

Noble Pink が​できるまで

少しでも安心してつけていただきたい。

その想いから、素材選びは始まりました。

商品で使用している貴金属は、アレルギーの配慮を第一に考え

その要因とされているニッケルは使わない、シルバー素材にしました。

そして、組紐とのバランス、人肌とのバランスを考えながら

ピンクのコーティングをする、という方法が生まれました。

それは同時に、シルバーの硫化を防ぎ

独自の経年変化もより長く楽しめるように

という配慮もありました。

​​この独特なピンク色を

『Noble Pink ノーブルピンク』と名付けました。

見た目にも、身体にも

作り手の「優しさ」を込めています。

ヒューアンドの商品ができるまで

ヒューアンドの商品は

栃木県の組紐『間々田紐(ひも』と

シルバーを組み合わせて制作した

​アクセサリーです。

『間々田紐(ままだひも)』

昭和48年に栃木県無形文化財に指定。組紐の特徴は、鮮やかなカラーと編み方の多彩さ。1本ずつ丁寧に組まれているため、きめ細かくしなやか。結びやすく、ほどけにくい柔軟さも、人の手による強弱がなす技。草木染の風合いも素朴で使い込むほどに“あたたかみ”を増していく。

http://www8.plala.or.jp/mmdh/

糸つけ:草木染された1本の絹糸を小枠に巻いていきます。

糸あげ:小枠に巻かれた1本の糸を12本の束にして、大枠に巻いていきます。

経尺:作る紐分の長さと本数を計った糸束を揃えて切ります。

玉つけ:糸束の先に組玉をつけ、糸束を組玉に巻いていきます。

組み:玉つけされた糸束を組台の上に掛け、組玉を動かし糸から紐に組み上げていきます。

ここまでが間々田紐の工程で、この紐を金属と組み合わせていく作業に移ります。

​間々田紐から、宝飾加工『イノセ宝石』の職人へと紐が託されます。

『イノセ宝石』

明治36年に創業し、創業から110年を迎えた。飾り屋として装身具を一筋につくりつづけているアトリエ。日本における大量生産時代から海外制作へシフトしていく中でも、機械化にたよらず手仕事で多くの制作に携り続けてきた。通常は担当分野が分かれている工房が多い中、イノセ宝石はひとりですべての工程を熟知し、最初から最後までを担当できる高い技術をもった職人の集まり。研究熱心な職人たちの会話からうまれるアイデアは無限にひろがる。

www.inosehouseki.com

鋳造という、形作られた鋳型に溶解した金属を流し込み、物を作る工程を終え、金属を流し込んだ跡である〝湯道(ユミチ)"跡を、糸鋸とヤスリを使って整えていきます。

ゴム掛け → 研磨 → 超音波洗浄 などの工程を経て、最後に間々田紐をサイズに合わせてカットし、金属部分にはめ込んで商品が出来上がります。

ヒューアンドのオリジナルカラー

Noble Pink が​できるまで

少しでも安心してつけていただきたい。

その想いから、素材選びは始まりました。

商品で使用している貴金属は、アレルギーの配慮を第一に考え

その要因とされているニッケルは使わない、シルバー素材にしました。

そして、組紐とのバランス、人肌とのバランスを考えながら

ピンクのコーティングをする、という方法が生まれました。

それは同時に、シルバーの硫化を防ぎ

独自の経年変化もより長く楽しめるように

という配慮もありました。

​​この独特なピンク色を『ノーブルピンク』と名付けました。

見た目にも、身体にも、作り手の「優しさ」を込めています。

logo2020_2.png
Copyright © hue& All right reserved.